ということで、鵺的第1回公演「暗黒地帯」。全日程を終了。演出助手というカタチで稽古から参加させてもらって、本番中は前説(携帯電話の電源はお切りください…てヤツ)までやってしまいました。なんか、思うことがありすぎてまとめきれません。2009年の夏は、一生忘れることがないと思います。*で、その間ですが、俺、パーフェクト・ベビーカーというバンドに参加していました。旧知の<すぽん児>さんがはじめたグループです。トラックを作ってラップもやる<すぽん児>さんにお声をかけていただき、2曲録りました。トラックは、かなりカッコいいです。でも戸籍上の名前がちゃんとあるのにいきなり<すぽん児>などという名前でこられたのにはびっくりしました。俺が<武田>じゃどうにも釣り合いが取れません。なので、ノリで、ここでは<とち児>と名乗ることにいたしました。これからは俺のことを<たけだ・とちじ>と呼んでくれて構いません。こちらで聴けるので、よろしかったらどうぞ。バンドの成り立ちも書かれています。ラップは生まれて初めてやったので、つうか音楽をやること自体、馴れていないので、暖かい耳で聴いてくださいね。「オールナイト・ロング」「橋の歌」の2曲です。リリックは以下↓「オールナイト・ロング」 (すぽん児)ロールモデルすっかり見当たらなくなってから どん位経つ? 国内外問わず 飲まず食わずで記録し続けます 鳴かず飛ばずの日々つづるベータマックス 竹を割ったナタのような性格のアイツ も竹を割った音に耳を澄ますように生活 思い出が思い出になっていくメカニズム をつかさどる、女神に告ぐ手紙が 一通 youpi youpi ye youpi yi yo セピア色のセロトニン瘍子の肖像 「宝島」にヘアヌードが載った月 80年安保闘争が敗北を喫した日の事 昭和史掌握した小学生によって 断罪されるのは目に見えてる (とち児)地デジにのって飛んでくプライド ひかれた仔猫照らすバックライト 自画撮り女装の男が今夜の主役 公衆便所にバラまく向精神薬 ハムと卵と誰かの目玉が冷凍保存 のびきったTシャツから睨むジョニーロットン そのバットが割ったガラス何枚? 汗ばむ手に押し付ける中南海 騒げ我に返るまで 痛みと忘却の賭けに耐えるだけ 拙い滑舌放り出す文字列 まったくもっての私小説 (サビ)真夜中のパーリー(オールナイト・ロング)ホームレスと君の差額は家賃 (すぽん児)観光地でワンコインで買うコケインと悪化した 韓国との関係の相関性 勃起したままゴアパンをはこうと悪戦苦闘 するなんてあんた達、どうかしてる 泣・き・な・がら微笑んでる 亡・き・骸・の上飛ぶエンジェル ひと握りの生き残りは引きこもりっ切りでグーグル アースから見る被差別部落へと旅立つ 俺は退屈で体育座りする位ならと 俳句作るように今、pass the MIC中 自民党・・・ にお灸をすえる 民主党・・・ の呼吸を止める (とち児)たどりついたらいつも雨漏り 屋根はあるのに空回り 地縛霊プレイの果てに見えた 幻覚世界にホームステイ とっくにお前らの夢は末法期に入った いつのまにか慰め欲しがりだした 敵と手を取り合った、いい感じに折り合った 正論で武装する苦労ネタに 共感して固めるチンケな保身 半分より全部垢だけの朝焼け 熱いうちに打て鉄は 待ち焦がれて今夜も徹夜 (サビ)真夜中のパーリー(オールナイト・ロング) ホームレスと君の差額は家賃「橋の歌」 (とち児)夜を渡る橋たちが 光るビー玉くれるとき おやすみなさいの声たちが 水の上を走ってる 揺れる水面はマットレス 地面はやわらかすぎるから いつもさらけだし過ぎたボクの足 すすいでくれる洗面器 欲を剥がす恥たちが 磨く自意識と過ごすとき もういいでしょうの声たちと 傷の上を撫でまわす 揺れる水面はマットレス 地面はやわらかすぎるから いつもさらけだし過ぎたボクの足 すすいでくれる洗面器 (サビ)あの街灯までもうちょっと 電球割って眼を切り裂けば 待っててくれるキミが見える ぎこちなく手招きしている (すぽん児)真夜中のサイクリングロードときたら まったく、孤独なもんだ どうかすると誰ともすれ違わないまま 月明かりの下、灰色の路だけがほの暗く 墨汁を流したような河をはさんで 対岸の堤防を歩く奴が見えたとしても、それは 俺自身が鏡に映っているようなもんだ 目を開けているのかどうかも判らなくなった ときおり起こる氾らんと景観の良さの二面性が 河沿いの街をモザイク状に彩る マンション・町工場・土手裏の青い ビニールシートさえ、疲れ果てて寝入る 雨上がりのサイクリングロードは タイヤから、砂粒のはぜる音がする 古びたレコードの上の針になったみたいだ 橋が見える頃、俺が鳴らすのはどんな歌なんだろう? (サビ)あの街灯までもうちょっと 電球割って眼を切り裂けば 待っててくれるキミが見える ぎこちなく手招きしている あの街灯までもうちょっと 電球割って眼を切り裂けば 待っててくれるキミが見える もう踊ることもできないよ (とち児)ソトは濡らしちゃマズいから そっとそっと水の上 地面はやっぱりやわらかすぎる 地面はやっぱりやわらかすぎる
[PR]
# by vosburfrzj | 2009-10-13 21:15